水漏れ修理!水道業者比較6選

水道の水漏れ以外の修理に関する基礎知識

トップページ > 水道の水漏れについて > 水道の水漏れ以外の修理に関する基礎知識

水道の水漏れ以外の修理に関する基礎知識

水道の蛇口の修理といいますと、イメージ的に水漏れに影響を受ける修理が想定されると考えられます。
しかし、意外なことに水漏れとは異なる症状で水道の蛇口の修理の必要がある可能性も考えられます。
ひとつの例として、ハンドルそのものが外れてしまうといった場合があります。
止めねじ自体が緩んでいるというような要因でハンドルが外れてしまうケースは現実に非常に多くあります。
そして、その際は、ねじを利用することによってきちんと固定しなおすといった対応で支障なく改修できます。
これに関しては修理と言われるほどでもありません。
しかしながらねじ山が減っていたり、ほかの要因が悪さを行なっていたりするケースがありますので、その際には、専門業者に委託して修復してもらう必要が考えられます。


同じ様に操作性という角度からのトラブルには、スパウトの動作に関係するトラブルが見受けられます。
スパウトとは、ハンドル下でリンクされている管、並びに蛇口に至るまでの部分の部品になります。
この動作が固く変わったり止まったりするケースでは、スパウト内にへばりついた水垢が引き起こす可能性が高くなります。
このようなケースでは、修理という程の修理は求められることがなく、何回もスパウトを動かし水垢を落とす対処で解決出来る場合が少なくありません。
さらに、ハンドル操作がとても重くなるケースもあります。
これに関しては、バルブの異常動作の可能性が高く、このような場面でも修理が欠かすことはできません。
同じ様な修理が求められる症状として、水漏れよりは、止水できなくなったケースや、水勢があまり高くないなどの特有の症状が想定されます。


水漏れに関しては、ハンドル下やスパウト上、さらにスパウトの下など、様々なところから発生します。
ハンドル下、あるいはスパウト上からの水漏れにあたっては、バルブ並びにスパウトそのものが故障している可能性が考えられます。
どちらとも修理が要りますが、機械が得意な人であれば支障なく自分自身で修理することができるレベルといえます。
それに加えて、スパウト上下の水漏れのケースでは、やはりパッキンの劣悪化が影響を及ぼしている可能性が高いといえます。
パッキン交換も、ホームセンターなどを利用して規格にふさわしいパッキンを手に入れれば、現実的には修理できるはずです。
水漏れに関しては、バルブやスパウト自体、パッキンのどれかに問題が現れていることが多いので、修理そのものの難易度はさほど高くありません。
他の機械も含めて修理経験があって、それなりの工具があれば、多くの場合難なく修理できると考えられます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP