水漏れ修理!水道業者比較6選

水道の排水管に熱湯を流すのは控えるべき理由

トップページ > 水道の水漏れについて > 水道の排水管に熱湯を流すのは控えるべき理由

水道の排水管に熱湯を流すのは控えるべき理由

排水管を清掃したい時には、やや温度が高い水を流してみる方法があります。
例えば排水管の油汚れです。
キッチンによっては、たまに排水口から悪臭が漂っている事があります。
その主な原因は、排水管が油で汚れているからです。
油が排水管に付いたままの状態ですと、どうしても悪臭が発生してしまいます。
場合によっては排水管が詰まってしまう事もありますから、定期的に清掃するのが望ましいです。
そこで、やや温度が高めな水を流す訳です。
40度ぐらいのお湯を流してみると、排水管にある油汚れも取り除く事はできます。
また40度ぐらいのお湯を流しておくのは、排水管に油が付いてしまうのを予防する効果もあります。
ただし流すお湯の温度には、十分注意する必要があります。
あまり温度が高いと、トラブルが発生してしまう可能性もあるからです。


キッチンでは、たまに100度近い熱湯を使用する事があります。
例えばカップ麺などを作るために、100度近い熱湯を注ぐ事もよくあります。
しかしカップの中にお湯が入りきらなかった時には、排水口から流してしまっている方々も多いです。
そこから流しても、特にトラブルが生じる事はないと思われているからです。
しかし、実は排水口に熱湯を流してしまうのは禁物です。
あまり知られていませんが、排水管の耐熱温度は60度目安になります。
100度近い熱湯では、明らかにその耐熱温度を上回っている訳です。
時には、それが水道トラブルの引き金になってしまうケースがあります。
排水口からお湯を流すにしても、ある程度は温度を下げておく必要があります。
100度近いお湯をそのまま流すのではなく、水を加えて温度を下げるのが望ましいです。


では100度近いお湯を流すとどうなるかというと、一歩間違うと排水管が割れてしまう事があります。
耐熱温度は60度前後ですから、そこに熱湯を流してしまうと、排水管が耐えきれないからです。
排水管が割れてしまう事により、水漏れのトラブルが発生してしまうケースも、たまにあります。
ですからカップ麺などの熱湯を直接流すのではなく、やはり水を加えて冷ます必要があります。
理想的には、40度ぐらいまで冷ましておくのが望ましいです。
60度付近のお湯を流すと、水漏れのトラブルが発生する確率も、ゼロではありません。
40度は、普段の入浴の際のお湯よりも少々熱い程度です。
ですからパイプに付いた油汚れを取り除きたい時は、60度以上にすべきではありません。
40度ぐらいが最適な温度になります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP