水漏れ修理!水道業者比較6選

寒冷地での水道トラブルを防ぐ方法

トップページ > 水道の水漏れについて > 寒冷地での水道トラブルを防ぐ方法

寒冷地での水道トラブルを防ぐ方法

気温が低めな地域では、水漏れのトラブルが多発している事があります。
排水管の中にある水が凍結してしまうからです。
例えばある日の気温は、氷点下を下回りました。
気温が下がりますと、パイプの中にある水にも影響を及ぼします。
気温がとても低いので、パイプ内の水が凍結してしまう事がたまにあるからです。
気温が低い状態のまま数時間ほど経過しますと、パイプの中の水が完全に凍結してしまう事があります。
凍結すれば、もちろん水が流れる事はできません。
パイプの中に物が詰まっているような状態になってしまう訳です。
その状態のまま水が流れてきますと、パイプは膨張してしまいます。
パイプは非常に頑丈ではありますが、あまり強い圧力が加わってしまうと、一部分が割れてしまう場合があります。
そして気温が暖かくなると、割れた箇所から水が漏れてしまう訳です。


このため気温が低くなりそうな時は、あらかじめ防止策を施しておく必要があります。
その方法の1つは、水抜きです。
そもそも水が漏れてしまう原因は、パイプの中に水があるからです。
という事は、パイプの中に水が入っていなければ、漏れてしまう事はありません。
幸いにもパイプの水は、抜く事もできます。
どの住宅にも、必ず水が流れるのを防ぐバルブがあります。
そのバルブを回しておけば、パイプの中にある水を抜く事はできます。
ですから気温が下がりそうな時は、一旦はバルブなどを回しておく方があります。
パイプの中に水が流れていなければ、割れてしまうのを防げるからです。
そのためにも、水抜き用のバルブの場所などは、早めに調べておくのが望ましいです。
ちなみに住宅によっては、バルブではなく電動式になっている事もあります。


またパイプ内が凍結してしまうのを防ぎたいなら、パイプが冷却されてしまうのを防ぐ方法もあります。
例えば発泡スチロールです。
お店によっては、凍結を防止するための発泡スチロール製の保温筒を販売している事があります。
気になる箇所に、その筒を巻きつけておく方法もあります。
一旦それを巻きつけておけば、パイプの温度が下がってしまうのを、ある程度防ぐ事も可能です。
その他にも、保温ヒーターという方法もあります。
独自のテープで固定するヒーターで、排水管の気になる箇所に設置しておきますと、内部が凍結してしまうのを防ぐ事もできます。
若干費用は高めですが、水が漏れてしまえば、水道代も高くついてしまいます。
ですから寒冷地に住んでいる方々は、保温ヒーターを取り付けている事も珍しくありません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP